KANEJU

PARTNER COMPANY

KANEJU ✕ EARTHMANS
COLLABORATION STORY

EARTHMANSマネージャーが約15年前、フランスで行われた日本文化を紹介するイベントで偶然出会った『カネジュウ』
それ以来親交が続き、2019年のEARTHMANS OSAKA-JOローンチの際に、いよいよ仕事としてはじめてオファーをしました。
日本一のお茶処、静岡県の中でも品質の良い茶葉の一大産地として有名な牧之原台地で1888年から続く茶農園を継ぎ、独自の視点と新しい手法を用いて、古くから親しまれる日本茶文化を、パッケージデザインをはじめ、現代人の感性に刺さるテイストで展開。
昨今の日本茶ブームの先駆けとして常に新しいことに挑戦する姿が、私たちのフィロソフィと合致。
見た目だけではない本物の味と日本の心を、訪れる全てのゲストに味わっていただけるよう、お部屋にご用意しています。

KANEJU PRODUCTS

カネ十煎茶

茶畑で収穫したばかりの生茶葉をじっくりと時間をかけて蒸し上げることで、渋みがやわらかく、芳醇さも際立たせた、茶農家も愛飲の一品です。

柚子煎茶

一番摘みの茶葉に、果皮と果肉を丸ごと乾燥した静岡産の柚子とレモングラスをブレンド。和とアジアの融合したオリエンタルな香り際立つ柚子煎茶です。

カネ十アールグレイ

一番摘みの茶葉に、ベルガモットから抽出した天然の精油で香りづけ。さらに乾燥させた果皮と果肉も加えた、英国文化の香る日本オリジナルのアールグレイです。

ABOUT KANEJU

1888年創業の「カネ十農園」は、静岡県牧之原市の茶農園。日本一の茶処である牧之原台地に広がる茶畑は、温暖な気候、長い日照時間、水はけの良い弱酸性土壌など、茶葉の栽培にとって好条件が揃った環境にあり、自然の恵みをたっぷり含んだ、大きくて肉厚な生茶葉が育ちます。収穫後は、すぐに自社の製茶場で加工。茶農園が一貫生産することで、新鮮で風味豊かな茶葉に仕上げていきます。冬から翌春にかけて栄養分を蓄えた茶畑から、最初に収穫される一番茶のみを使用し、牧之原の製茶法をはじめ、国内外の技術を学び、独自に開発した製茶法により仕上げることで、茶葉が持つ可能性を追求しています。

EARTHMANS OTHER COLLABORATION

PALM GARAGE

大阪発のメイドインジャパン自転車ブランド『PALM GARAGE』作のオリジナル自転車をレンタサイクルに。

DRAW A LINE

デッドスペースをすっきりとした収納スペースに。突っ張り棒の生みの親が生んだ新しい収納『DRAW A LINE』

NISHIKAWA

寝具メーカー『西川』とコラボレーション。切っても切れない滞在と眠りの関係性をより向上させるため、客室に設置しています。

HAKUBA COFFEE STAND

長野県白馬村にあるコーヒーロースター。白馬村のおいしい雪どけ水を使用することに特にこだわり、コーヒーを提供しています。

ISHIKAWA SHOTEN

千葉県君津市の米販売店。手間と時間を惜しまず、国内産100%の高品質な商品を提供し続けています。

UNILEVER

宿泊とアメニティ、という切っても切れない関係を活かし、相乗効果の高いサステナブルを発信しています。

EARTHMANS HOTELS
ゲストの「楽しみ方」に合わせた滞在を提供。