EARTHMANS
HAKUBA MAGAZAINE

すべての記事一覧 -AREA HAKUBA-

写真映えで人気絶頂。ハイジのブランコこと『Yoo-Hoo! SWING』は、おっさんでも映えるのか!?

最近、白馬エリア、ひいては長野県全土で一番バズってるコンテンツと言えば、名作アニメ「アルプスの少女ハイジ」のオープニングでハイジが乗っている、あの空を舞うようなブランコ体験ができる『Yoo-Hoo! SWING(ヤッホースウィング)』じゃないでしょうか?

もうすぐ紅葉が美しい秋の訪れ。そうだ栂池、行こう。

冬になると、日本国内だけでなく海外からもたくさんの人が行き交うわりに、インフラがあまりよくないのがこのエリアの少し残念なところ。新幹線は通ってない。高速道路のインターからはずいぶん距離がある。バスは本数も少ないし、最終の時間も早い。 「じゃあ、いったいどうやってくるのがいいんだよ!?」って声にお答えいたします。

冒険心をくすぐる小谷の大自然。ファットバイクで絶景を楽しむ。

今回、新井さんにアテンドしてもらうのは栂池高原ゴンドラ乗り場から、山間の中谷地区までの約7キロのコース。

山間の集落を見渡す、築140年の古民家をリノベーションした『Café十三月』。

中谷郷にある築140年の古民家をリノベーションした店内は、古き良き日本家屋の特徴をそのままに、間仕切りをなくすことで建物の中を遮るものがなくなり、開放感があります。

特別な才能はない、でも強い好奇心はある。【Venture Stories: Phase.1】

全国にFREAK’S STOREを展開するデイトナインターナショナルの代表取締役・鹿島研さん(以下KENさん)と日本中のスノーエリアを旅しながら、いつの日か仲間が集まれる場所を作りたい、という想いを熱く語っていた矢先の吉報だった。

特別な才能はない、でも強い好奇心はある。【Venture Stories: Phase.2】

ホテルの運営どころか、ホテルの従業員すらやったことない(笑) そんなボクがホテルの支配人なんて務まるんだろうか。 栂池のことをなにも知らずに、ひとりで考えていてもらちがあかないし、ひとまず栂池エリアの現状を見てまわることにした。

EARTHMANS HOTELS
アクティブとチルアウト、どちらも満喫