MAGAZINE

【Travel Holic ! #50】大阪のサブカル地「道頓堀ZAZA」の魅力。吉本ライブで気分を盛り上げようよう

大阪と言えば、お笑い。吉本新喜劇を見れるなんばグランド花月を有した難波エリアで、今新しいライブ会場が人気を博しているのをご存知でしょうか?今回は吉本のお笑いライブが気軽に楽しめる「道頓堀ZAZA」をご紹介します。


道頓堀ZAZAとは??

バブル経済の崩壊や老朽化などを原因に今は閉館されている道頓堀五座の1つ、中座の跡地に「道頓堀ZAZA」が設立されたビルがあります。
大阪名物であるくいだおれ太郎の名前を借りて「中座くいだおれビル」と名付けられ、グルメやお土産などのショッピングも楽しめるアミューズメントビルです。

その地下1階にある道頓堀ZAZAは2つのスペースに分けられ、日々さまざまなイベントが開催されています。

HOUSEスペース

面積は200㎡ほど、収容人数はパーティー形式なら50名から80名程度。シアター形式なら100名以上が収容可能なキャパシティを誇ります。

用とに応じてさまざな利用ができるステージで、ライブやコンサートなどに向いています。

舞台設備はもちろん照明や音響も完備され、大小に分けられた楽屋の使用もできます。
さらに炊き出しなども可能なBARスペースを擁しているため、パーティーなどのイベントも開催できます。

POCKET'Sスペース

面積は67㎡、収容人数はパーティー形式で40名、ライブ形式なら80名ほどと小規模でコンパクトなキャパシティです。

漫才や落語、トークショーや寄席、朗読まで幅広いジャンルで利用されています。

HOUSEスペース同様に音響や照明設備は完備され、初めての企画やイベントでも気軽に利用できます。来場する方にとっても舞台との距離の近さは一体感や臨場感があり、お笑いライブも満喫できるのでは。


ZAZAお笑いライブとは??

道頓堀ZAZAで連日開催されているお笑いライブの名称が「ZAZAお笑いライブ」。

約30分間にわたって漫才やコントが楽しめて、料金は600円。リーズナブルに本場のお笑いを満喫できる点が最大の魅力です。

また飲食物の持ち込みも自由とされ、全席自由に着席することができます。
日々の変動はあるものの、11時30分頃から16時頃まで1日に5回ほどライブが開催されています。

POCKET'Sスペースでの開催が多く、不定期でHOUSEスペースでも開催されています。

若手芸人たちのフレッシュな漫才や即興コント、漫談などが楽しめるため、大阪人はもちろん観光客の方に人気の高いお笑いライブです。


アクセス方法は??

中座くいだおれビルまでは、地下鉄御堂筋線のなんば駅から徒歩5分の距離。14番出口から進んでいくと入り口には大阪名物であるくいだおれ太郎の人形が出迎えてくれます。左手にエスカレーターがあり、地下へ降りるとすぐに道頓堀ZAZAへとたどり着けます。

近鉄 難波駅から徒歩6分、南海電鉄 難波駅から徒歩7分、JR関西本線 難波駅から徒歩9分。
さらに地下鉄各線 心斎橋駅からも徒歩10分と高いロケーションも魅力のひとつです。

住所:大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-21 中座くいだおれビルB1F


大阪の新たな観光スポット

なんばグランド花月は大阪人にとって馴染み深い場所ですが、観光客にとっては少しハードルの高い場所かもしれません。人気芸人の出演時にはなかなかチケットが取れないこともあり、せっかくの大阪観光でお笑いを楽しめないなんてこともあります。

そんな時、道頓堀ZAZAなら当日やチケットの予約もでき、若手芸人のライブということもあってチケットの取りやすさも魅力です。

駅からのアクセスも良く、リーズナブルで気軽に観れるお笑いライブ。大阪観光には欠かせないお笑いライブは道頓堀ZAZAで満喫してみてはいかがでしょう。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼

 

RANKING人気記事