MAGAZINE

Original

【Travel Holic】9月に観光するならここがおすすめ!

暑い夏も終わりだんだん過ごしやすくなってくる9月。

月の後半には連休(シルバーウィーク)にある年もあり、旅に出る絶好の機会も訪れます。

そこで今回は、9月に行きたい観光スポットをご紹介していきたいと思います。


大雪山国立公園【北海道】

日本の紅葉前線のスタート地点といわれている大雪山国立公園。

公園内には黒岳、旭岳、銀仙台、神々の聖域トムラウシ山など紅葉スポットがたくさんあり、1か月ほどかけて色づていくため長い期間紅葉を楽しむことができます。

9月中旬から下旬にかけて標高の高い部分では初冠雪を迎えますので、山頂の紅葉が見たい場は9月初旬にいくのがおすすめです。

大雪山国国立公園の深部にある大雪高原には大小合わせて30以上の沼が点在しており、それらの沼をめぐる「大雪高原沼めぐり」を楽しむこともできます。

北海道の中でもかなりの秘境エリアだからこそ出会える紅葉の絶景は一見の価値あり。

日本一早い紅葉を見て一足先に秋を感じてみては?

INFORMATION

住所:〒078-1701 北海道上川郡上川町


小布施【長野県】

信州の小京都ともいわれる長野県小布施町は日本有数の栗の産地です。

小布施の栗の美味しさは江戸時代から有名で、将軍への献上品にもされたほどなのだとか。

そんな小布施には栗菓子の専門店が多数あるのですが、中でも注目したいのが9月中旬から10月下旬頃までの1か月あまりにしか食べられない新栗を使った栗メニューです。

モンブランやようかん、ソフトクリームなどのスイーツはもちろん栗おこわや天津など、栗を食べつくすことができますよ。

栗の購入だけではなく栗拾い体験ができるところもあるのでぜひチェックしてみてください。

初秋だからこそ楽しめる絶品の栗スイーツを楽しんだ後は、古い町並みが残る美しい小布施の街並みをゆっくりと散策するのも◎


本薬師寺跡【奈良県】

本薬師寺跡は奈良県橿原市の盗難に位置する寺院です。

国の特別史跡となっている本薬師寺跡は、夏の終わり、初秋の時期「ホテイアオイ」の薄紫に染まります。

こぢんまりとした田舎風景に突如として現われるホテイアオイの花は広範囲に咲き誇り、華やかな色どりを添えてくれています。

有名な観光地ではありませんが、この時期には美しく咲き誇るホテイアオイの姿をカメラに収めようとたくさんのカメラマンや観光客が訪れます。

ゆったりとした気分で薄紫のホテイアオイをのんびり眺めると、日常の疲れを癒してくれそうですね。

周辺エリアにはまるで江戸時代に足を踏み入れたかのような錯覚に陥らせてくれる今井町があります。

このエリアは7割近くの民家が江戸時代の様式を保っており、当時の歴史を感じながらの散策することができます。

本薬師寺跡のホテイアオイと一緒街並みを楽しむのもおすすめですよ。

INFORMATION

住所:〒634-0033 奈良県橿原市城殿町


炎の祭典【愛知県】

愛知県豊橋市で行われる炎の祭典では、手筒花火を中心に大筒、乱玉、綱火、花束、スターマインなど多彩な花火を楽しむことができます。

祭典の目玉となるのはなんといっても手筒花火ではないでしょうか。

手筒花火とは名前の通り、火薬を詰めた竹筒を抱えたまま打ち上げられる花火で、炎の祭典ではなんと23本もの手筒花火がいっせいに披露されます。

全身に火の粉を浴びながら打ち上げられる炎の柱は10mの高さにまで及び、圧巻の熱量と迫力から目が離せなくなることでしょう。

和太鼓との豪快な共演もあり、まさに炎を表しているかのような演出は体の奥まで響き渡る大興奮の臨場感を味わうことができますよ。

INFORMATION

開催場所:豊橋公園内豊橋球場特設会場

住所:〒440-0801 愛知県豊橋市今橋町4


まとめ

まだまだ残暑が残るとはいえ、秋の訪れを感じはじめる9月。

だんだんと色づきを見せる秋ならではの暖かな景色は夏の疲れを癒してくれるはず。

初秋ならではの魅力を感じる旅に出かけてみてください。


杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼

 

RANKING人気記事