MAGAZINE

Original

Access to Osaka -01大阪にあるペット可の宿泊施設3選

一昔前までは庭でペットを飼っているという光景がよく見られましたが、近年では室内でペットを飼うことが多くなり、人とペットの絆もより強固なものとなってきました。
そうした時代背景もあってか、最近ではペット可の宿泊施設も増えてきており、大切なペットと一緒に旅に出ることが気軽にできるようになりました。
今回はペットと宿泊するときのマナーと、大阪にあるペット可の宿泊施設をご紹介していきたいと思います。

ペットとの宿泊マナー


・抜け毛予防をする

宿泊前にブラッシングしたり洋服を1枚着せたりと、抜け毛予防をするようにしましょう。

・トイレのしつけをしておく

自宅ではトイレが完璧なペットも、なれない場所では粗相をしてしまうことも。
その場合はしっかりと宿の人に申告をするようにしてください。
トイレシートや消臭スプレーで念入りに掃除をすることもお忘れなく。

・排泄物は持ち帰る

ペットの排泄物は必ず持ち帰ります。
専用のごみ箱が用意されている場合は必ず所定の場所に捨てるようにしましょう。

・吠えたら注意をする

声に驚いてしまう人がいたり、他のペットが吠え出す場合もあるので、飼い主がしっかりと注意をしてください。

・ベッドやソファーにはにあげない

自宅ではベッドやソファーで一緒にリラックスしているという場合でも宿泊施設ではマナー違反になります。
ケージを持参するなどしてペットの居場所を作ってあげてください。

大阪にあるペット可の宿泊施設3選


①キツネシッポ大阪


大阪府にあるペット可の宿泊施設まず1つ目は、大阪市の東部東成区にあるゲストハウス「キツネシッポ大阪」をご紹介します。
築50年のアパートメントを改装した和レトロな雰囲気が特徴的なキツネシッポ大阪は、昭和時代の装飾をそのまま残したインテリアやお部屋になっており、タイムスリップしたかのような感覚を楽しませてくれそうですね。
ゲストハウスでありながら個室になっているお部屋もあるので、プライベートが守られるのも嬉しいポイントです。
1階にはコインランドリー、宿泊施設裏にはコンビニがあるため、ちょっとした洗濯物やお買い物がある場合も安心。
共用スペースもあるので、ゲストハウスならではであるスタッフや宿泊者同士での交流をペットと一緒に楽しんでみては?

住所:〒537-0014
大阪府大阪市東成区大今里西3丁目17−5
電話:06-7708-7686



②大和屋本店

引用:https://www.yamatoyahonten.co.jp/facilities/

大阪市の中心部にある「大和屋本店」。
館内は旅の疲れを癒してくれる大浴場と和室が完備されており、落ち着いた雰囲気で都会の喧騒を忘れさせてくれます。
ケージを用意してくれるので、ペットも一緒に客室まで入られます。

施設周辺にはなんばグランド花月やアメリカ村、高級ブランドショップ街があり1日中遊びつくせそう。
大阪城や海遊館、ユニバーサルスタジオジャパンなど大阪の観光地へのアクセスが良いのはもちろん、京都や奈良、神戸までのアクセスも抜群です。少し足を延ばせば鶴見緑地内ドッグランもあるので、ペットと遊ぶこともできますよ。
ペットと旅を楽しむのはもちろん、大阪を満喫したいという方におすすめです。

住所:〒542-0082
大阪府大阪市中央区島の内2-17-4
電話:06-6211-3587
HP:https://www.yamatoyahonten.co.jp/


③民宿 海景房

大阪にあるペット可の宿泊施設、最後にご紹介するのは阪南市にある「民宿 海景房」です。
阪南市は大阪でも自然がたくさん残っているエリアなので、釣りやハイキングなどのアクティビティを体験できます。関西空港やりんくうプレミアムアウトレットからも近く、お買い物が好きな方にもぴったり。
また、りんくうプレミアムアウトレット近くにある「りんくう中央公園」にはドッグランもあるので、ペットを存分に遊ばせることも。
ドッグラン近くにはドッグサロン&カフェもあるので、ペットと一緒に休憩することもできますよ。
民宿海景房は関西空港から近いため、前泊や後泊にもおすすめです。

住所:〒599-0205
大阪府阪南市新町244−11
電話:072-468-9138

家族の一員でもあるペットたち。
ペットと一緒だとより楽しく充実した旅になること間違いなし!
一緒に旅に出て、かけがえのない思い出をたくさん作っていきましょう。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼

 

RANKING人気記事