MAGAZINE

catch-img

【Sweets Holic! #12】道頓堀付近で食べられるルビーチョコレートを使ったスイーツ

少し前から見聞きする機会が増えたピンク色のチョコレート「ルビーチョコレート」。色味からしてイチゴ味のチョコレートだと思われた方も多いのでは?しかし、実はこのルビーチョコレート、これまでのイチゴ味のチョコレートとは一味違う、第4のチョコレートとされているものなんですよ。こちらではバレンタインの季節におすすめしたいルビーチョコレートについて詳しく説明していくとともに、道頓堀付近でルビーチョコレートを使用したスイーツが食べられるスポットをご紹介いたします。


ルビーチョコレートとは?

チョコレートは大まかに、ミルク・ビター・ホワイトの3つの種類に分けられますが、ルビーチョコレートとはこれら3種類に加えて新たに発表された「第4のチョコレート」とされているものです。ピンク色をしていることから「ストロベリー味のチョコレート」といった印象がありますが、ホワイトチョコにピンクの着色料や香料を加えて作られていたこれまでのピンク色のチョコレートとは大きな違いがあるんです。
ルビーチョコレートのピンク色は着色料を加えていない天然のもの。着色料や香料などの添加物なしで自然に生み出されているピンク色とフレッシュなベリーの風味、酸味があるのがルビーチョコレートの最大の特徴です。
原料はこれまでチョコレートにしてきたカカオ豆と同じもののようですが、中でもルビーチョコレートに適したカカオ豆を「ルビーカカオ豆」と分類させ、それに加えて、ルビーチョコレートを発表したスイスのチョコレート会社がおよそ10年にわたる研究で生み出した「アンロック」いう製法により、ルビーチョコレートの色と風味が実現されています。

どこで買えるの?

2017年に発表されたルビーチョコレートは、2018年にキットカットを販売するネスレ日本により世界で初めて商品化されました。6か月間の独占販売が終了し、現在はルビーチョコレートの本格展開が始まっているので、様々な場所でルビーチョコレートを食べられます。

また、ルビーチョコレート自体はネット販売、店舗販売が行われているので、そのまま食べるのはもちろんのことルビーチョコレートを使用したスイーツを手づくりすることも可能です。
これまでの「ピンク色をしたストロベリー味のチョコレート」とは一味違う、ルビーチョコレートならではの美味しさを堪能してみてはいかがでしょうか。

道頓堀付近でルビーチョコレートが食べられるスポット

キットカット ショコラトリー 南海なんば店

日本初、800通りの中から自分だけのオリジナルキットカットが作れる「氷点下ショコラトリー」を常時サービスとして提供している「キットカット ショコラトリー 南海なんば店」。
チョコレートをビターやミルク、ホワイト、抹茶、そしてルビーの中から1種類、ドライフルーツやナッツなど厳選されたトッピングの中から3種類をチョイスし、液化窒素で-196度まで冷却させオリジナルのキットカットを作り上げます。
目の前で液化窒素をかけるというライブ感や臨場感は見ていて楽しく、インスタ映えすることも間違いありません。
できたてのキットカットはイートインスペースですぐに食べられます。

冷たいチョコレートが口の中で溶けていく口当たりやチョコレートの香り、トッピングたちの様々な食感が楽しく、今までに経験したことがないプレミアムなチョコレート体験ができますよ。色々な種類のキットカットが販売されているので、お土産を購入したいときにもおすすめです。

INFORMATION

住所:〒542-0076 大阪府大阪市中央区難波5-1-60 南海なんば駅 3F 北改札外
営業時間:9:00~20:00
定休日:なし


まとめ

ルビーチョコレートの取り扱いやルビーチョコレートを使用したスイーツを提供している店舗が続々と増えてきており、新感覚のチョコレートを気軽に食べられるようになりました。

ルビーチョコレート自体の販売も積極的に行われているので、今年のバレンタインギフトはルビーチョコレートを使用したピンク色のスイーツを手づくりしてみてはいかがでしょうか。


杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼