MAGAZINE

【Travel Holic】名所も穴場も全部回りたい人に。大阪観光ルートを関西人が提案

大阪を観光したいけれど見どころが多くてどこに行くか困ってしまう!という方におすすめしたい観光ルートをご紹介していきたいと思います。名所はもちろん穴場まで巡れるルートになっているのでぜひ参考にしてみてください。


まずはエンジョイエコカードをゲットしよう!

エンジョイエコカードとは市内を走る大阪メトロ・大阪シティバス全線が1日乗り放題になるパスです。

平日大人800円、土日祝なら600円で利用可能で約30か所の観光施設などでの提示割引特典もついており、お得に大阪観光を楽しむことができますよ。

土地勘のない場所でのバスの利用は難しいですが、大阪市内の観光は地下鉄だけでも存分に楽しめて移動も楽々行えるのでエンジョイエコカードはとてもおすすめ。地下鉄駅構内で購入が可能です。


それでは早速おすすめしたい大阪観光のルートをご紹介していきたいと思います。


秀吉の力強さ感じる大阪城

豪華な天守閣や立派な石垣が特徴的な大阪城。
天下統一を目指し最も勢いのあった時の豊臣秀吉に造られたことから「太閤さんのお城」とも呼ばれています。

しかし実は、現在ある当時の姿を完全に再現されたお城は豊臣秀吉が築いたお城の姿ではありません。大坂の夏の陣で落城後、徳川幕府の二代目将軍・徳川秀忠が築城主となって新たに築かれたお城の姿なんです。
豊臣秀吉が築いた初代大坂城は焼け落ちた後、徳川幕府によって盛り土がされ完全に埋められてしまっています。

1959年の学術調査で地下から火事の痕跡がある石垣が見つかり、その後1984年の水道工事に伴う調査でさらなる石垣が発見されたことからその事実が周知の沙汰となりました。

1984年に見つかった石垣は募金を募りながら公開施設の計画が進行中なので、気になる方はぜひチェックしてみてください。


若者の流行発信地アメリカ村

大阪城からアメリカ村へは大阪メトロ中央線森ノ宮駅からおよそ20分ほどで行けます。
大阪城天守閣からから森ノ宮駅までは広い敷地内を歩く必要があるので時間が決まっている場合は注意してください。

アメ村は通称三角公園と呼ばれる公園を中心に多くの古着屋さんやアパレルショップ、レコード店や最先端のカフェなど2000点以上ものお店が立ち並ぶ流行の発信地として知られる街です。人型の街路灯や壁面のアートなど賑やかな街並みや雰囲気を楽しむことができますよ。

大阪城からのアクセス

大阪メトロ中央線森ノ宮駅~心斎橋駅
心斎橋駅から徒歩でおよそ5分


戎橋でグリコのネオンサインをバックに記念撮影

大阪観光で外せないスポットといえばグリコのネオンサインですよね。看板をバックにした記念撮影はマスト!

戎橋のある道頓堀にはグリコのネオンサインを始めとしたユニークな巨大看板が立ち並び、街全体がテーマパークのよう。

食のメッカとしても知られているのでランチに困ることもありません。
食べ歩きグルメもたくさんあるので道頓堀沿い食べ歩きながら散策するのも◎

アメ村からのアクセス

アメリカ村から徒歩でおよそ10分


大阪のディープスポット新世界

大阪屈指のディープスポット新世界!戎橋がある道頓堀から新世界までは大阪メトロ御堂筋線のなんば駅からおよそ20分で行けます。

動物園前駅で降車しましょう。

近年インバウンドの定番スポットにも挙げられている新世界は、レトロゲームに特化したゲームセンターが点在していたり大阪グルメをリーズナブルに堪能できるお店が軒を連ねていたりと、普段とは一味違った大阪の表情を覗くことができるスポットです。

通天閣のお膝元に広がる下町情緒溢れる街並みは眺めているだけで、古き良き時代を全身で感じられますよ。

戎橋からのアクセス

大阪メトロ御堂筋線なんば駅~動物園前駅
動物園前駅から徒歩でおよそ5分


あべのハルカスの展望台で大阪の夜景を一望

1日の締めはあべのハルカスの展望台で大阪の夜景を。地上58階~60階の高さから眺める煌びやかな大阪の街並みの絶景は一見の価値ありです。

中層階にはダイニングエリアもあるのでディナーを楽しむのもおすすめです◎

新世界からのアクセス

大阪メトロ御堂筋線動物園前駅~天王寺駅
天王寺駅から徒歩でおよそ2分


まとめ

おすすめの観光地を1日で巡るルートをご紹介しました。

それぞれの街で違った表情を覗かせてくれるので大阪を存分に楽しむことができるはず。全て地下鉄で行けるのでエンジョイエコカードを利用してお得に観光を楽しんでみてください。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼

 

RANKING人気記事