MAGAZINE

【Sweets Holic! #04】インスタ映え間違いナシ!キュートなわたあめ情報

大阪の中でも若者がこぞって訪れる街、アメリカ村。若者文化の発信地であるアメ村にはカラフルでBIGなわたあめを食べられるスポットがあります。今回は、インスタ映えすること間違いなしなアメ村のわたあめについてご紹介していきたいと思います。


わたあめカルチャー発祥の地アメ村

メディアがこぞって取り上げるカラフルでBIGなわたあめ。原宿のカラフルなわたあめが有名ですが、発祥の地は実はここ大阪・アメ村なんです。

TOTTI CANDY FACTORYをチェック!

カラフルでBIGなわたあめを提供しているTOTTI CANDY FACTORYが2015年2月にアメ村でオープンするや否や若者を中心に多くの人々が足を運び、今やわたあめといえばTOTTI CANDY FACTORYといっても過言ではないほどの人気を博しています。

一昔前までは縁日など特別な日にしか味わうことのできなかったわたあめですが、大きさとカラフルさで非日常感は残しつつも定番の食べ歩きスイーツとなりました。

可愛らしいパステルカラーに帽子のようなフォルムがユニークなTOTTI CANDY FACTORYのわたがしは繊細な口どけが特徴。サイズは大きいですがペロリと食べられます。

職人技にも注目

TOTTI CANDY FACTORYのわたあめは日本ではほとんど見られないという特別な機会で注文を受けてから1つ1つ丁寧に作り上げられていきます。

ふわふわとしたわたあめが巻き付いていくところはまるで魔法のよう!まさに職人技ともいえるその技術の高さは目を見張るものがあり、作っている姿を見ているだけでも楽しめそうです。

色ごとにちゃんと味も変わっているようで、見た目だけではないこだわりを感じますね。

TOTTI CANDY FACTORYのメニュー

赤のストロベリー、黄色のレモン、青のサイダー、紫のグレープといったフレーバーでカラフルに仕上げた「レインボー」がアメ村店限定で食べられます。

その他は共通メニューとなっており、3色わたあめやバケツやカップに入ったレインボーわたあめ、同じくカップに入った3色わたあめを提供。ちょっとした手土産としても喜ばれそうですよね。

アニマルやスマイルマークをモチーフにしたケーキポップの提供もあり、こちらもインスタ映えすると人気の1つ。中身は星付きフレンチレストランのパティシエと共同開発した濃厚なガトーショコラとなっており、見た目だけではなく味にもこだわった贅沢スイーツを手軽に食べることができますよ。

また店内に所せましと並べられたキャンディーやクッキー、ガムなどのお菓子たちの量り売りも行っています。好みのお菓子を選んで詰められるというのは童心に帰って楽しめそうですね。

INFORMATION

住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目11-9
営業時間:11:00~20:00


わたあめは太りにくいお菓子!

わたあめは砂糖でできているのでカロリーが高いと思われがちですが、ふんわりとしている分体積は小さいので、意外にカロリーは低いんです。

さらにわたあめはショ糖で作られていて体内吸収が穏やかなので太りにくいという特徴もあります。

ダイエット中でカロリー制限をしているという方もわたあめなら罪悪感なく食べることができそうですね。


まとめ

若者文化の発信地であるアメ村らしさ溢れるカラフルでBIGなわたあめ。古くから親しまれてきたお菓子だからこそ、小さなお子さんはもちろん大人までハッピーな気持ちにさせてくれます。

パステルカラーで織りなす色のグラデーションが鮮やかで、インスタ映えすること間違いなし!ふわふわとしたビジュアルも人々を魅了するポイントの1つではないでしょうか。

アメ村に観光に訪れた際は今や定番スイーツともなったわたあめを持って街を散策してみてください。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼

 

RANKING人気記事