MAGAZINE

catch-img

【Cafe Holic!#05】ゆっくり読書を楽しめる。道頓堀にあるブックカフェ3選

秋といえばスポーツや行楽、グルメなど楽しみの多い季節ですが、読書の秋を楽しむのはいかがでしょうか。大阪屈指の繁華街である道頓堀周辺のミナミエリアですが、落ち着いた雰囲気のブックカフェが点在しているんですよ。美味しいコーヒーを飲みながらのんびりと読書を楽しむ、そんな贅沢な時間を過ごしてみてください。


秋の夜長に読書を楽しむ

「灯火親しむべし」ということわざを知っていますか?

元は中国唐代の文人・韓愈(かんゆ)の詩「符読書城南」の一節からとった言葉で、「涼しく夜も長い秋は灯火の下で書物をよむのに適している」という意味合いを持ち、読書の秋と呼ばれるようになった由来ともされています。

何をするにしても気持ちのよい秋。暖かいコーヒーと共にのんびりと読書をすることで都会の喧騒を忘れさせ、リフレッシュできますよ。


道頓堀周辺にあるブックカフェ

①スターバックス・コーヒー TSUTAYA EBISUBASHI店

グリコの巨大看板などが立ち並ぶ道頓堀にあるTSUTAYA EBISUBASHIは、地下1階から5階まで丸ごとが店舗となっており、関西地区最大級の品揃えを誇る戎橋のシンボルマーク的存在です。

そんなTSUTAYA EBISUBASHIにはスターバックスが併設されており、TSUTAYAの本や雑誌と共にスターバックスのコーヒーを楽しめる店舗となっています。

深夜4時まで営業しているので、秋の夜長にぴったりですよ。夜中に本の中の物語に飛び込むと普段とは少し違った感覚で楽しめるのでおすすめです。

INFORMATION

住所:〒542-0071 大阪府大阪市中央区 道頓堀1-8-19
営業時間:8:00~深夜4:00
定休日:なし


②喫茶アオツキ

古本が好みという方におすすめしたいのがこちらはアメ村のランドマーク三角公園から徒歩ですぐの、北堀江に店舗を構える「喫茶アオツキ」です。

日本橋に古本屋アオツキ書房としてオープンし、2014年に北堀江に移転。2018年には喫茶がメインとなりましたが変わらず古本を中心に中古CDやレコードも取り扱っており、レトロな雰囲気が特徴です。

ホットケーキや様々なカラーのクリームソーダなどカフェメニューも人気のよう。3階にはギャラリーがあり不定期にライブなども行われているので、本好きはもちろん音楽好きの方にもおすすめです。

INFORMATION

住所:〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江2丁目5‐10
営業時間:12:00~19:00※売り切れ多数の場合は早閉
定休日:不定期


③CINEMA BOOK CAFE なんばパークス店

「CINEMA BOOK CAFE なんばパークス店」はなんばパークス8階、パークシネマの奥にあるブックカフェ。チケットの券売機を少し超えたあたりに位置するので、映画上映前の空き時間や映画鑑賞後などにも立ち寄りやすいスポットです。

CINEMA BOOK CAFE なんばパークス店の最大の特徴は、店内にある1500冊もの映画のパンフレット。壁面や客席にも陳列されており、なんとこれら全てが読み放題なんです。
さらに料理メニューには有名な映画作品に出てくる料理を再現しているものもあるなど、映画ファンにとってはたまらない空間となっています。

普段あまり本は読まないという方も、過去に見たことのある作品のパンフレットなら手に取りやすいのではないでしょうか。

INFORMATION

住所:〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中2丁目10‐70 なんばパークス 8F
営業時間:11:00~21:00
定休日:なし


まとめ

秋の夜長を有意義に過ごすのに読書はぴったり。

カフェならではの雰囲気やコーヒーの香りに包まれて読書をすると、自宅とはまた違った趣が感じられておすすめです。
​​​​​​​ブックカフェならカフェメニューを頼めば本棚に並んでいる本を自由に読めて気に入った本は購入もできるという店舗も多くあるので、普段読書をあまりしないという方も好みの作品を見つけられやすいのではないでしょうか。

読書の秋を楽しみたい時は今回ご紹介したブックカフェへとぜひ足を運んでみてください。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼