MAGAZINE

catch-img

【アメトピ〔AMETOPI〕】道頓堀からも近い!大阪で秋の花が見られるスポット

秋は澄んだ空気が広がり空が高くなる季節。色づいた木々や秋の花が美しい景色を彩ってくれます。そこで今回は、大阪で秋の花が見られるスポットをご紹介いたします。道頓堀からのアクセスも良いので、ピクニックがてら出かけてみてください。


秋の空が高いのはどうして?

「天高く馬肥ゆる秋」という言葉があるように、秋の空を見上げると夏と比べて「高い」と感じますよね。秋の空が高いと感じる理由は「空の透明度」が高いからです。
この空の透明度を左右するのが高気圧。
夏は南太平洋から高気圧がやってくるのに対し、秋は大陸から高気圧がやってきます。海で発達した高気圧と比べて陸地で発達した高気圧は乾燥しているため水蒸気の量が少なく、空気が澄むことで空が高く見えるんです。

さらに、秋に見られる「イワシ雲」は空の高い位置に現れるということもあり、秋の空は高く、そして広く感じられるんです。

すがすがしい秋の空はカラフルに染まった木々や草花を包み込み、秋だけでしか見られない美しい景色を演出してくれていますよね。


秋に咲く花

コスモス

秋の花の代表ともいえるのがコスモス。和名では「秋桜」とも言われるコスモスは、薄いピンク色が特徴的です。しかし、品種によっては黄色やチョコレートのようなこっくりとした色のものなどもあります。

バラ

バラは春・夏・秋と大きく分けて3シーズンで見ごろを迎えます。それぞれの季節によって特徴が分かれますが、秋バラは四季咲きや返り咲きであることがほとんどで、色が濃く豊かな香りという特徴があります。


大阪で秋の花が見られるスポット

靭公園

大阪のビジネス街の中にある緑のオアシス「靭公園」は美しいバラが見られるスポットです。イングリッシュガーデン様式のバラ園には約160品種、3400株のバラが植えられており、春と秋に園内を華やかに彩っています。

毎年秋のバラ祭りが開催され、グルメや雑貨類、お花などの出店やトークライブ、コンサートが行われています。

噴水や芝生、子供たちが遊べる遊具などがあり、周辺にはテイクアウトグルメが充実しているカフェもたくさんあるのでピクニックにも最適です。近くを通るなにわ筋のイチョウ並木や園内のケヤキ並木の美しい紅葉も見事で、秋の雰囲気を存分に楽しめますよ。

INFORMATION

住所:〒550-0004 大阪府大阪市西区靱本町2丁目1‐4
道頓堀からのアクセス方法:大阪メトロ千日前線「なんば駅」~「阿波座駅」


中之島公園

土佐堀川と堂島川に囲まれた、水と緑あふれる中之島公園。中之島公園の東側にあるバラ園は「バラの庭」「バラの小みち」「バラの広場」と3つのエリアが完備されていて、約310種、3700株のバラが植えられています。

秋バラの見ごろは例年10月中旬から11月中旬頃まで。中之島公園周辺には中央公会堂などの建築物があり、文化的で美しい景観に満ちているのが特徴です。バラを楽しんだ後は周辺のレトロ建築を巡る大人散歩を楽しむのもおすすめです。

INFORMATION

住所:〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島1丁目1
道頓堀からのアクセス方法:大阪メトロ堺筋線「日本橋駅」~「北浜駅」


花博記念公園鶴見緑地

花博記念公園鶴見緑地は1990年に開催された「国際花と緑の博覧会」の跡地を利用した公園です。広大な敷地内ではバーベキューや乗馬、キャンプが楽しめ、週末にもなると家族連れなどで賑わいます。

花博記念公園鶴見緑地は大阪市内でも屈指の花のスポット。園内には四季折々の花々の姿を見られますが、秋はコスモスやマリーゴールド、パンジーなどの花が咲き誇っています。

秋の花が見られるエリアは公園の東口近く、風車の丘。一面に咲き誇る色鮮やかなコスモスとレトロな風車のコラボレーションというフォトジェニックな景色を見られます。

INFORMATION

住所:〒538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2‐163
道頓堀からのアクセス方法:大阪メトロ長堀鶴見緑地線「心斎橋駅」~「鶴見緑地駅」


まとめ

暑い夏を過ぎ過ごしやすい気候になる秋に咲く花はカラフルな品種が多く、街並みに彩りを与えてくれています。美しい紅葉や秋の花を眺めて日本の秋を感じてみてはいかがでしょうか。

杉本 光

杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。

▼EARTHMANS のSNSはこちら。フォローお願いします!▼