catch-img

Access to Osaka -01浪速の台所、黒門市場!道頓堀からのアクセス方法をチェック

道頓堀からも歩いて行ける距離にある黒門市場。市場といってもアーケード商店街になっており、新鮮な食材が揃っていることからプロの料理人が仕入れに向かう、まさに「浪速の台所」のようなスポットです。最近ではそんな新鮮素材を使用したグルメを提供するお店や店頭で購入した食材を調理して提供してくれるお店もあり、食べ歩きスポットとして人気を博しているんですよ。そこでこちらでは、黒門市場までのアクセス方法やおすすめしたい名店をご紹介いたします。


大阪グルメを支える「黒門市場」

黒門市場とは道頓堀からも近い日本橋に位置する市場で、約580mもあるアーケード下には卸売り、小売り合わせて170店もの店舗が軒を連ねています。

少し前までは地元の人々はもちろんプロの料理人が仕入れに訪れる場所として親しまれていましたが、最近ではグルメを提供するお店が増え、食べ歩きスポットとしても人気を博しています。
アーケード商店街なので雨の日でも安心して大阪グルメや新鮮素材を使用した絶品グルメやスイーツの食べ歩きを楽しめるのが嬉しいですよね。
浪速の商人たちが集う、活気となにわ情緒を感じられるのも黒門市場の魅力です。


黒門市場までの最短アクセスルート

黒門市場の最寄り駅は、近鉄と大阪メトロ千日前線の「日本橋駅」です。大阪メトロ御堂筋線を利用している時は「なんば駅」から千日前線へ乗り換えることができますよ。

日本橋駅を降車したら10番出口から地上に出るのが最短ルートで、徒歩3分ほどで到着します。


道頓堀・戎橋からの行き方は?

道頓堀にある戎橋からは徒歩で12分ほどの距離。戎橋から道頓堀商店街をかに道楽などがある方向へ直進し、千日前商店街を通り抜けて近鉄や大阪メトロの日本橋駅がある日本橋の大きな交差点を目指すルートだと比較的分かりやすく、観光を楽しみながら散策ができるのでおすすめです。


黒門市場で食べ歩きを楽しむならココがおすすめ!

まぐろや黒銀

黒門市場といえばやはり新鮮な海鮮は外せません!「まぐろや黒銀」は本まぐろをリーズナブルに、そして気軽に食べられる人気店です。角に店舗を構えた黒い屋根が目印です。

寿司や刺身、まぐろコロッケやまぐろカツなどが提供されており、イートイン・テイクアウトどちらでも楽しむことができます。中でもおすすめなのが3つの部位を贅沢に乗せた「三食丼」!それぞれで食べ比べをしながら味わってみてください。

INFORMATION

営業時間:9:00~15:00※売り切れ次第閉店
定休日:‐


浜藤 黒門店

黒門市場の冬の名物といえばフグ。黒門市場内にある店舗の1割がフグの看板を掲げているほどなんですよ!そんな中でも今回ご紹介したいのが、風情溢れる店構えが魅力的な「浜藤 黒門店」です。老舗のフグ料理専門店で、てっちりや白子焼など様々なフグ料理を堪能できますよ。

おすすめしたいのが絶妙な歯ごたえを楽しめる「てっさ」!フグ本来の自然な甘みを感じながら、てっさならではの食感を堪能してみてください。

INFORMATION

営業時間:11:00~20:45
定休日:月曜、1/1~1/3※10月~3月は無休


天ぷら 日進堂

店頭に並ぶ多種多様な天ぷらの数々はできたてはもちろんのこと冷めても美味しいと評判で、古くより多くの著名人からも愛されている天ぷら専門店「日進堂」。
中でも、名物である大あなごの天ぷらは外せません!大きいのですがサクッと軽やかでふんわりとした食感なのでペロリと食べられますよ。

大阪ならではの味「紅ショウガの天ぷら」もあるので、この機会に堪能してみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

営業時間:9:00~19:00
定休日:不定休


まとめ

食のメッカである道頓堀をはじめ、浪速の台所として親しまれてきた黒門市場。新鮮食材たちを使用した料理の数々はどれも絶品!もちろんたこ焼きやお好み焼きといった粉もんを提供しているお店もあるので、大阪グルメも併せて堪能できますよ。

商人たちが集まる活気に充ちた空間で大阪の空気感を感じながら贅沢な食べ歩きを楽しんでみてください。

杉本 光
杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。