catch-img

テイクアウトフードの元祖!たこ焼き人気店を比べてみた【アメ村編】

大阪といえば、やっぱりたこ焼き。 実は大阪・アメ村は人気店がいくつも並ぶ、たこ焼き激戦区なんです! しかし、選択肢がいくつもあると「本当に美味しいのはどこ?」と迷ってしまいますよね。そこで今回は、EARTHMANS MAGAZINE編集部が独自に選んだ、大阪色強めのアメ村の人気たこ焼き店の中から、旅行者に是非ともオススメしたい『甲賀流』『しらんがな』『だいげん』『タコタコキング』の4店をピックアップ。それぞれの特徴や魅力を比べてみました! 

ミシュランガイドに掲載!実力派の『甲賀流』

アメ村でたこ焼きといえば、外せないのが『甲賀流』。関西に10店舗を構えていますが、本店がアメ村店なのです。3年連続でミシュランガイドに掲載されており、タコからソースまですべての素材にこだわり尽くした実力派のたこ焼きです。

タコは刺身や寿司ネタ用の厳選された真ダコを使用。程よい歯ごたえを出すため、さっと強火で焼いてから使うという徹底したこだわりぶりです。特製マヨネーズは、卵のコク・旨みを上昇させる“ネッカリッチ農法”を用いて飼育した鶏の卵を使用して作られています。

また創業以来変わらないオリジナルのソースは、りんごと玉ねぎたっぷりのフルーティーな味が特徴。醤油は、かつおを漬けて丁寧に作り出された国産土佐醤油を厳選して使用しています。生地は外カリッ、中フワッの王道な食感。たっぷりと使われた山芋も良いアクセントになっています。

気になるお味は5種類。定番のソースマヨ、たっぷりのネギと甘口ソースがマッチしたねぎソース、アメ村から大ブレイクしたねぎポン、こだわりの土佐醤油が堪能できる醤油マヨ、新感覚のブラックペッパーソルト&マヨネーズのラインナップです。値段は10個入りで450円と非常にリーズナブル。 いくつかの味を購入して食べ比べるのもいいですね!

 「大阪たこ焼き」の代名詞といえるほど定番のお店ですので、迷ったときは甲賀流へ立ち寄ってみは? 

大阪アメリカ村 甲賀流本店
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-18-4
営業時間:10:30 ~ 20:30(土・祝前日21:30)
定休日:なし

ツッコミスキルが試される? コテコテの大阪が楽しめる『しらんがな!!』

『しらんがな!!』はコテコテのお店作りをコンセプトにしているだけあって、随所に大阪らしさが散りばめられています。1つはメニューの値段表記。すべてのメニューに○○万円と付けられていて、店員さんに注文を伝えれば「はーい、600万円ね!」と笑顔でボケてくれることも。

ここで「なんでやねん!」「高すぎるやろ!」などのツッコミができれば完璧です! ほかにもタコの被り物を被って記念写真を撮れるサービスがあり、大阪らしさを全身で感じたいという方にピッタリでしょう。

また、味のバリュエーションが豊富なのも魅力のひとつ。定番のソースやしょうゆ、塩、ポン酢に加え、明太チーズやネギ天かす、明太オムネギ、特製出汁温玉乗せなどのアレンジメニューも多く取り揃えられています。ひとつ7~9gの大切りサイズの真ダコを使用しているということもあり、食べ応えあり! また、他店よりも出汁が強めなのも特徴です。

なかでも一押しのメニューは、タコの代わりにじっくり煮込んだ牛スジを入れ込んだ、牛スジたこ焼き。タコを入れないという斬新なたこ焼きで、しらんがな!!ならではのジョークが効いたおいしい名物メニューです。

たこ焼き しらんがな!! 大阪アメリカ村
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-16-16 ナイルビル1F2F
営業時間:月~木11:00~23:00、金11:00~24:00、土日祝10:00~24:00
定休日:なし

老舗店舗ならではの懐かしい味わい『だいげん』

アメ村のポップな雰囲気から一転、昭和感溢れる老舗たこ焼き屋の『だいげん』。気さくな店主や女将さんが接客対応してくれ、なんだかほっこりとした気分になれます。

だいげんの魅力はなんといっても、変わり種のたこ焼きがあること!ピザボールや塩マヨネーズ味、ラー油味など、ほかのたこ焼き店では食べられないココだけの味が楽しめます。「普通のたこ焼きはちょっと飽きてしまった…」という方におすすめです。もちろん、ソースしょうゆ、ポン酢など定番の味もありますので、ご心配なく。

どのたこ焼きも中までしっかり焼きが入っていて、中のトロトロ感は少なめ。どっしりとした生地に加えて大粒のタコが入っているので、とても食べ応えのあるたこ焼きです! 

だいげん
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-7-11
営業時間:11:00~22:30
定休日:元旦

お酒も楽しめる大人のたこ焼き店『タコタコキング』

店の上にある大きなタコのオブジェがトレードマークの『タコタコキング』。こちらのお店では、大阪の下町で育ったスタッフが幼少期に食べていたという、古き良き大阪のたこ焼きを再現しています。

味はシンプルなソース、醤油、塩、ポン酢を始め、明太マヨやネギポンなどがあります。大たこ焼というだけあって、ひとつひとつが大きくてボリューミー! また、表面はカリカリに焼き上げて、中はとろーりクリーミーに仕上げた食感も魅力です。

タコタコキングにはバラエティに富んだお酒が用意されており、ちょっとしたBARのようになっています。アメ村らしいポップな雰囲気漂う店内で、たこ焼きをツマミにお酒を嗜むのが大人の楽しみ方。深夜3時まで営業しているため、お店でしっぽり飲むのはもちろん、夜、小腹が空いたときにテイクアウトしてホテルでゆっくり食べるのもいいですね。 

またタコタコキングでは、観光客向けに大阪のおすすめスポットを紹介するというサービスを実施中。地元大阪のスタッフが独自の目線で、一押しスポットを教えてくれますよ! 

タコタコキング アメリカ村店
住所:〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-13-1
営業時間:月~金18:00~3:00、土日祝17:00~3:00
定休日:なし

スタッフのおすすめランキング

大阪・アメ村で人気の高いたこ焼き店を4店ピックアップしました。以下では、EARTHMANS MAGAZINE編集部が選定したランキングを紹介します! 本記事を読んでも「余計迷っちゃった!」という方は参考になさってみてくださいね。

1位『甲賀流』

なんといっても美味しい!ミシュランも認めた味は一度食べるとやみつきに。大阪のたこ焼きなかではの、「中も外もふわふわとろとろなたこ焼き」を食べたいなら甲賀流がおすすめです。地元の人々も絶賛する代表的なお店です。
実力派度:★★★★★

2位『だいげん』

オーソドックスなたこ焼きに飽きてしまった方は、だいげんがおすすめ! 特にピザボールは、タコではなくウインナーとチーズがたっぷり入っており、ケチャップとの相性抜群。もちろんノーマルたこ焼きの味もばっちりです。
変わり種のレア度:★★★★★

3位『しらんがな!!』

店名のインパクトに負けず劣らず、味もしっかり一流です。大切りサイズの真ダコの旨味が生地と絶妙にマッチ。店員さんのユーモアも相まって、コテコテな大阪をひしひしと実感できます。400万円の「王道のソース(6発)」が特におすすめ。
コテコテ大阪度:★★★★★

4位『タコタコキング』

ボリューミーなたこ焼きに、ハイボール、梅酒、ワインなどのバラエティ豊かなお酒が楽しめるタコタコキング。ちょっと飲み足りない……そんな夜に行きたくなる大人向けなお店です。居酒屋のような感じで、ゆっくり過ごしたいという方にもおすすめ。
お酒にあう度:★★★★★

大阪・アメ村には、たこ焼き店が複数立ち並んでいますが、味や食感1つとっても、それぞれに違った特徴があります。ただ、今回ご紹介したお店はどこも外れなしなので、直感で「ここに行ってみたい!」と思ったお店に行くのもいいかもしれませんね。ぜひアメ村でお気に入りのたこ焼きを見つけてみてください! 

杉本 光
杉本 光

「FREAK'S STORE」古河本店のスタッフ。大阪出身。 スパイスカレーをこよなく愛している。大阪のスパイスカレー屋さんなら、杉本にお任せください。